Amazon

2016-10-03

ELM327 Bluetoothを分解する

OBD2信号取り出しの定番、ELM327のBluetooth版

車の信号を取り出すデバイスの定番、ELM327を買ってみた。Amazonに出品しているアンジュピアという業者経由。
ELM327 OBD2 Bluetooth for Android & PC by Eurostile
Talent Car Electronic Co., LTD & Eurostile
売り上げランキング: 2,757
ただし、無改造で運用する場合はいくつか課題がある。
  • Bluetoothなので、スマホとつなぐ場合はよいが、Arduinoなどに接続するのは面倒
  • バッテリー直結の電源なので、車につけっぱなしにしておくとバッテリーを消耗する
これらに対策するために改造を試みてみる。

分解の手順

この形状のELM327、かつてはケースがねじ止めだったようだが、現在は接着剤で固定されていて、実際シールをめくってみてもネジはなかった。このため、シールをめくるのは徒労に終わる。
力づくで分解することはできるが結構傷がつく。
効率の良い開け方としては、端子近くの斜めになっているところにマイナスドライバーを差し込んでこじるのが良いと思われる。少し開いたら徐々にずらして開けていく。
このように側面につきたててもいけるが、傷がたくさんついてしまう。
開けた様子はこんな感じ。接着されているのは内側なので、側面にマイナスドライバーが入りこじることができる。
このあと、「電源のACC化」と「TTLレベルのシリアル取り出し」を試みる。

その他写真

背面のメインチップは樹脂で覆われている。おそらくコピー品のICが隠れていると思われる。
 基板名は「A-L07AJ_M」、設計時期は「2015-09-01」、「Ver: 1.5」とのこと。
 裏側。Bluetooth用のアンテナとBluetooth用と思われるICが見える。昔の基盤だとESP8266のような基盤がはんだ付けで接続されていたようだが、現在のものでは完全に統合されている。

参考文献

0 件のコメント: