Amazon

2017-03-05

deviation化したDevoプロポ用リポバッテリー

Devoプロポの電源事情

Devoプロポのバッテリーは、オフィシャルにはDevo7eが単3電池4本、Devo10が単3電池8本になっているが、電池ボックスがきつきつで使いにくい、寿命がいまいちなど課題がある。このためネットを検索すると適当なリチウムイオンポリマーバッテリー(リポ)を使っている人が多い。

Devo10のバッテリーは3セルリポにするべきか

オフィシャルのファームウェアでは、バッテリー残量低下警告の下限電圧が8.0V以下にできないため、2セルのリポ(=標準電圧7.4V)を使うと警告が出続けてしまうため実用的ではない。
ただ、近頃でdeviationを導入していない人は少ないと思われる。deviationだと、警告する電圧を自由に設定できるため2セルリポバッテリーでも実用的に使用することができる。
一般的に、Devo10は3セルリポバッテリーを使っている人が多い。オリジナルの電源が単3電池8本なので、標準電圧が1.5V×8=12Vに近い電圧というと、3.7V×3=11.1の3セルリポを使えばいいという発想だと思われる。
ただ、内部的には5Vあるいは3.3Vしか使っていないと考えられるため、実用上5Vより高い電圧は意味がない。また、アルカリ電池と比べてパワーがあり、フル充電だと4.2V×3=12.6Vが結構な時間出てしまうため、電源回路が耐えられないのでは?という気がする(アルカリでも新品は1.6V×8=12.8Vが出るが、すぐ下がるしそれほどパワーもない)。ネットでもDevo10の故障報告を見ることがあるが、3セルリポを使っているのが原因かもしれない。
安全性や放電速度的にはlifeバッテリーもいいと思われるが、チャージャーを持ってないのと選択肢が多くないので今回は選ばなかった。

2セルでDevoプロポに収まるリポの選択

というわけで今回買ったのがZOP Power 7.4V 2200mAh 8C Lipo Batteryである。2セルでそこそこ大容量、Devoに刺さるJST SYの端子もついている。
Gearbest ZOP Power 7.4V 2200mAh 8C Lipo Battery

Devo7eに装着した様子

ちょうどのサイズで収まる。ケーブルが邪魔なので、JST SYと充電用の端子以外のケーブルは切断した。

Devo10に装着した様子

Devo10ではかなり厚み方向に余裕があるが、高さ方向は摩擦でゴロゴロしないくらいのサイズになっている。こちらの場合不要なケーブルを切断しなくても入る。

2017-02-26

FuriBee F3をdeviationプロポとバインドする方法

バインドする方法がわからない、マニュアルもない

20ドルそこそこだったのでフライトコントローラー(FC)デビューしようと買ってみたのですが、まあ使い方がわからない。

FuriBee F3 32-bit Brushed Flight Controller - INTEGRATED WITH FLYSKY RECEIVER GREEN
http://www.gearbest.com/flight-controller/pp_612153.html

CleanFlightと接続するのはとりあえずできたものの、バインドできず手元のプロポでは操作不能。FCはFrSkyのレシーバー、プロポは4-in-1改造のDevo7eで、プロポは正しく動いていると思われるが、バインドのやり方がわからず試行錯誤した結果、わかったのでここに書く。

BINDボタンを押しながらMicroUSBを接続する または バッテリーを接続する

BINDボタンはこれ。シルクにも書いてあるが。


青色LEDが常時点灯になるのを確認する

常時点灯になったら、バインド待ち受け状態という意味。

送信機側でバインド操作する

deviationの場合、Model Menu⇒Model setup⇒プロトコルでFrskyを選択したあと、隣にあるBindボタンを押す。Tx powerも30mWくらいに適当に下げておく。
成功すると青色LEDが消灯⇒点滅(プロポ側のバインド終了後)になる。
ただし、ここにたどり着いた人はうまくいかない人だと思う。

周波数を調整する

ネットの情報によるとうまくいかないのは、周波数がずれているのが原因らしい。これを修正する。
Model Menu⇒Model setup⇒Frsky(プロトコル)を選択した状態でEnterを押す。そうするとプロトコルのオプションが表示される。その中のFreq-Fineの値を変更する。手元のDevo7e+4-in-1だと、-42くらいでとりあえずバインドできる。10くらいづつずらしながらバインドを試すとよいとのこと。これを繰り返して、青色LEDが消灯⇒点滅すればとりあえず成功。

USBを再接続する

バインドできても、電源を入れなおさないと操作できない。MicroUSBを接続しなおすと、CleanFlightのReceiverメニュー内でも送信機のスティックの動きが確認できるようになる。
CleanFlightで接続したままバインドしようとしていたので、ここ(電源を入れなおさないといけない)ではまった。MicroUSBで接続しなおしましょう。

周波数を調整する

バインドできても、CleanFlightのReceiverメニューでスティックの動きを見ていると、タイミングによってスティックの動きが反映されないことがある。これは周波数が微妙にずれているため。このまま飛ばすと急に切れて墜落することになるので、周波数を微修正してリンク切れしないようにしましょう。

2017-01-05

リア用ドライブレコーダーにパイロットランプを増設

上海問屋の激安ドライブレコーダー

エクシーガのリアに上海問屋の赤外線ライト4灯 ミニドライブレコーダー (913550)を取り付けているが、追い越し車線をアイサイトのACC最高速度(メーター読みで114km、GPSの実測108㎞くらい)で走っていると煽られることがある。せっかくドライブレコーダーをつけてるのに威嚇効果が薄い感じなので、動作がわかるパイロットランプをレンズ側に増設してみようと試みた。
今見てみると2499円に値下げされていて悲しい。買ったときは3999円だった。。。
ちなみに、このドライブレコーダー起動音にサイバーショットの音がする。動作的にもデジタルカメラのファームに、ドラレコ最低限必要な起動後録画機能などを足しただけの雰囲気。ソニーのODM機のファームがパクられてるのか、もともとサイバーショットのニセモノのファームがベースなのか。。。

途中を撮影してないので。。。

いきなりだが完成形がこれ。HDMI端子付近のキャビをニッパーで切断しLEDを引き出し、瞬間接着剤で固定してある。
基板上にアクセスランプLEDがあるのでそこに並列でつけようとしたが、電流が足りないらしく点灯しない。そこで、電源になっているミニUSB端子付近から常時電源を取ってみることにした。テスターを当てると3Vくらいだったので、そのまま直結するとLEDは点灯するが発熱がすごい。電源3VとLEDのデータシートを元に適当に電流制限抵抗を計算しつけてみると(約50Ω)発熱がおさまったのでよしとする。

使ったLEDは秋月で売っていたリード線付きのもの。手持ちのをたまたま使っただけなのだが、ただのLEDとは違って光の拡散方向が制限されており、映り込みが少なく好都合だった。

2016-12-25

日立の紙パック式掃除機(かるパック CV-PU20)コード巻き上げ機構修理

掃除機選びについて

掃除機の性能は

「吸い込み仕事率」×「ヘッド性能」

で決まると思っている。ダイソンはヘッド性能はよいが(特にフラフィは日本のメーカーでは出なかったアイデアで素晴らしい)、吸い込み仕事率はかなり低い(紙パック式最高峰の半分以下)のでいまいちと思っている。
紙パック式は、じきに吸い込む力が劣化するが、紙パックのメンテを怠らない限り、それほど低下しないので大した問題ではない。
そういう評価軸では、日立の紙パック式掃除機は、パワーが非常に強くヘッドの性能も悪くないのでいい選択だと思っている。

コード巻き上げ機構が壊れた

というわけで4年位前に「かるパック CV-PU20」を買ったが、コードの巻き上げがおかしくなってきた。引っ張り出しても止まらなくなり、勝手に巻き上げてしまう。ネットで調べてみると掃除機の不具合としてはよくある症状のようである。

分解してみる

矢印の位置のネジを外し、後ろのエアフィルター部を外す。

エアフィルター部内部にあるネジを外す。

紙パックのふたを開け、中のネジを外す。

そうすると内部が見えるようになる。これでコードリール部にアクセスできる。

コードリール部を横から見た状態。ここがスイッチになっていて、普段はゴムがコードリールに押し当てられているので巻き上げ機構にブレーキがかかっているが、スイッチを押すとブレーキが外れて巻き上げされる。止まらなくなったのは、ゴムの摩擦力が低下したため。
青い部品を手前に引っ張って外す。一見どこかに引っかかっていて外れなさそうだが、力を入れると外れる。ばねも一緒に外れるので注意。

スイッチ部を外したところ。ここについているゴムを復活させる。

復活させる方法は単純で、やすりでゴムを削る。摩擦力が低下した状態のゴムは表面がツルツルになっているので、ガサガサになるまで削る。今回使ったのはダイソーで買ったダイヤモンドやすり。

併せて関連するメンテナンスを行う。
  • ばねを引っ張ってパワーを復活させる。ただし、伸ばしすぎるとパワー過剰になってしまう(実際やってしまった)のでほどほどにすること。
  • コードリールのゴムが当たる部分を清掃する。
これらの修理で、巻き上げ機構は正常に復帰した。

分解してみてわかったこと

  • 非常に分解しやすく、メンテしやすい構造になっている
  • 排気が通過する部分でもほこりがたまっておらず非常にきれいだった。モーターからの排気はフィルターを通る構造になっていて、そこですべて遮断されている。かつて、古い掃除機を分解したときは中がほこりだらけですごいことになっていたが、これはそうなっていなかった。排気がきれいなのは明らかだし、設計的にも良好なことがわかる。

2016-10-03

ELM327 Bluetoothを分解する

OBD2信号取り出しの定番、ELM327のBluetooth版

車の信号を取り出すデバイスの定番、ELM327を買ってみた。Amazonに出品しているアンジュピアという業者経由。
ELM327 OBD2 Bluetooth for Android & PC by Eurostile
Talent Car Electronic Co., LTD & Eurostile
売り上げランキング: 2,757
ただし、無改造で運用する場合はいくつか課題がある。
  • Bluetoothなので、スマホとつなぐ場合はよいが、Arduinoなどに接続するのは面倒
  • バッテリー直結の電源なので、車につけっぱなしにしておくとバッテリーを消耗する
これらに対策するために改造を試みてみる。

分解の手順

この形状のELM327、かつてはケースがねじ止めだったようだが、現在は接着剤で固定されていて、実際シールをめくってみてもネジはなかった。このため、シールをめくるのは徒労に終わる。
力づくで分解することはできるが結構傷がつく。
効率の良い開け方としては、端子近くの斜めになっているところにマイナスドライバーを差し込んでこじるのが良いと思われる。少し開いたら徐々にずらして開けていく。
このように側面につきたててもいけるが、傷がたくさんついてしまう。
開けた様子はこんな感じ。接着されているのは内側なので、側面にマイナスドライバーが入りこじることができる。
このあと、「電源のACC化」と「TTLレベルのシリアル取り出し」を試みる。

その他写真

背面のメインチップは樹脂で覆われている。おそらくコピー品のICが隠れていると思われる。
 基板名は「A-L07AJ_M」、設計時期は「2015-09-01」、「Ver: 1.5」とのこと。
 裏側。Bluetooth用のアンテナとBluetooth用と思われるICが見える。昔の基盤だとESP8266のような基盤がはんだ付けで接続されていたようだが、現在のものでは完全に統合されている。

参考文献

2016-10-01

バッテリー上がり防止装置を作る(妄想編)

ルームランプが原因のバッテリー上がりに苦しめられている

前回の記事に書いたが、いままでルームランプが原因のバッテリー上がりを3回も経験している。これに何とか対策したいと考えている。

あり得る対策

  • ルームランプをLEDに換装し、消費電力を下げてバッテリーが上がらないようにする
    • ざっと消費電力は10分の1になるらしい。そうすると上がりにくくなるが、結局忘れてるのは対策さない。
  • ルームランプにタイマーリレー回路を挿入する
  • タイマー内蔵のルームランプに交換する
    • それそのものの製品があるので、これで基本的に解決する。ただしちょっと高いし、Maker要素はゼロ。
  • ルームランプに電圧モニターリレー回路を挿入する
    • バッテリーの電圧が下がってきたら回路をOFFにするアイデア。
    • 太陽電池市場が伸びているせいなのか、インテリジェントな充放電制御のモジュールが安価に手に入りそうなので、これを使ってみようと思う。
目を付けた充放電制御モジュールはこれ。マイコン制御で指定した電圧以下になると負荷側の回路をカットする。

概略設計

設計は下記のようなものである。常時電源(バッテリー)の電圧が下がると、ルームランプの回路を遮断する。
課題があるとすれば、おそらくスターターを回した時には常時電源の電圧が大きく下がることが考えられる。つまりエンジンをかけた直後は室内灯が消えてしまう。ただ、そういうもんだと思えば許容できる範囲に思える。

その他資料


エクシーガのバッテリー交換

ルームランプをつけっぱなしにしてしまい...

これまで3台の車に乗ってきたけど全部バッテリー上がりを経験していて、全部ルームランプつけっぱなしが原因。学習していないともいえる。。。

ディーラーで充電

つけっぱなしを起こしたら基本的には自動車保険のロードサービスを呼ぶ。JAFに入ってる人はJAFでもいい。エクシーガは5月に中古で買ったばかりで、バッテリーもその時に交換されているので何とか復活したい。ロードサービスの人と話すと、ディーラーで充電してもらったら復活するかもとのこと。

自力で交換を決断

というわけで、近所のスバルディーラーに持っていって充電してもらったが、その日の夜に電話がかかってきて「比重が上がらないのでダメっぽい」との連絡。わずか4か月で殺してしまった。エクシーガのバッテリーはアイドリングストップ対応(Q-85規格)なので非常に高価。ネットで相場を調べると、大体1.5万円くらいだが、ディーラーに交換を依頼するともろもろ4万円かかると言われたので、自力で交換することにした。
今回は1.5万円くらいのバッテリーの中でもっとも性能が良い(性能値が115もある)ボッシュ製を選択。

やってみる

このサイズのバッテリーは相当重くて18㎏あるので、台車でマンションの下まで運搬。

もともとはGSユアサ製のバッテリーがついていた。
段ボール箱から取り出して準備。

工具は10mmが必要。ソケットだとディープソケット(長いやつ)がないと作業できない。近所のダイソーでレンチスパナを購入。100円だけどクロームメッキが輝いていて品質は良さげ。
交換手順はだいたい検索すると出てくる方法で可能。
  • マイナス極から外す。外した配線には軍手とかを巻いて絶縁したほうがよい。今回は新品バッテリーについている保護端子を移植して対応。
  • 次にプラス極を外す。赤色の保護カバーは上に引っ張ると取れる。ナットを回しすぎると反対側の金属片が脱落する可能性があるので注意が必要。
  • フィックスロッドを外す。引っかかってるだけなので緩めていくと下から外れるようになる。これも全部外すと部品が脱落するので途中でやめる。
  • 古いバッテリーを撤去する。今回の場合、古いバッテリーに腹巻みたいなスポンジが巻かれていたので新しいのに移植する。バッテリーの下のトレーもなぜか一緒についてきて外れる。
  • あたらしいバッテリーに腹巻とトレーをつける。トレーが落ちるのでビニールテープで固定したが、ほかの人の交換手順を検索してみてみると、トレーは先に車に設置してからバッテリーを載せている人が多い。
  • 新しいバッテリを載せる。
  • フィックスロッドを装着する。今回ここが一番難しかった。この日産のページを見てもらいたい。先がL字になっているロッドで固定するが、作業場所の問題もあってロッドの先端が見えずうまいこと固定できないのである。L字を差し込む穴はこのページが詳しい
  • 外した時とは逆に、プラス極を装着しカバーを取り付け、マイナス極をつける。

出来上がりはこんな感じ。前のバッテリーは黒々としたエンジンルーム内で紫色で目立っていたが、新しいボッシュバッテリーは黒なので溶け込んでしまっている。

自力では難しい場合