このブログを検索

Amazon

GearBest

2014-12-21

D-M430のHDD交換方法図解

D-M430のHDDはkakaku.comなどで交換して2TBまで増量できるとレポートがあるが、分解方法に触れているページがないので書いてみる。


D-M430の全体。非常にコンパクト。

下記の4箇所のネジを外す。


角の部品を外すと、さらにネジが見えるのでそれも外す。

金属パネルを後方にスライドさせて外す。

緑丸の位置のフレキを抜く。フレキは単に刺さっているだけで、ツメなどはない(スミカード?的な)。
赤丸のツメで前面パネルが固定されているので、外す。
写真には写ってないが裏側にもツメがあるのでそれも外す。
内張り剥がし的なものがあると便利。

HDDを固定している金具の4スミのネジを外す。

外した状態。SATAのコネクタ部分はバネのような構造になっていて、先にはずさなくても問題ない。
SATAコネクタは粘着テープで抜け止めされているので、先にHDDを浮かせて、裏からテープを剥がしてからコネクタを抜く。

下記が粘着テープの貼ってあった部分。

あとは、2TBまでのHDDに交換して元に戻す。
kakaku.comの情報では、2TB以上の容量には対応していないらしい。

交換後、電源を入れて全初期化を実行する。
kakaku.comの情報では2TBの全域がタイムシフト領域になってしまったらしいが、手元では保存領域も確保された。

ゲーム機の封印シールみたいなのはないが、
  1. SATAコネクタが粘着テープで止められている
  2. HDDを固定するネジは鳴き止めの薬剤?のようなものが塗布されていて、ネジを外した時点でわかる
という状態なので、分解したかどうかはメーカーには一目瞭然になってしまう。
保証を使って直したい人は気をつけてください。

2014-12-16

相変わらずのGoogle+のひどいUI

GoogleのUIの中でもGoogle+のひどさは突出しているが、またやらかしてくれている。
アラートを表示するベルのアイコンがこんなに近くに2重に出ているっていう。。。


2014-05-24

家に転がっている低容量microSDを比較する

家の中を発掘してみつけた容量の小さいmicroSDを比較してみた。こんなの家にあっても仕方ないので、ひどい性能のものは会社で使おうと思って測定してみた。


東芝の2GB:SD-C02G

日本製らしい。今回比較した中では最も性能もよい。なんで入手したんだろう?

ハギワラシスコムの2GB:MM8GR02GUACY-NA

これもなかなか性能がいい。2008年位にデジカメ用に購入したもの(オリンパスのカメラでxDカードに変換して使用)。

トランセンドの2GB:6451AG 2G 01QS1

これもだいぶ古い。性能は最も悪い。たぶん自分で購入したもの。

ソニーの2GB:SR-2C1

ソニータブレットPに付属していたもの。読出しはまあまあだが書き込みが最低。

サンディスクの1GB:型番は判読不能

型番は字が小さすぎて読めない。性能は悪い。なぜ入手したのかは不明。






2014-05-17

Ankerの充電器(40W AK-71AN7105-W5JA)

昨日安売りしていたAnkerの充電器届いた。
外装はこんな感じ。
image
image
image
image


内容物はこれだけ。
image


Amazonのページだと、白は差込口がのっぺらぼうになっているが、届いたのは黒と同じくPowerIQロゴが入っていた。色はあんまりよくないと思う。黒にすればよかった。
image


電源ケーブルは結束バンドが付属していて芸が細かい。しかし長すぎる。。。 関連するおすすめ商品に短い電源ケーブルが出てくるのが分かる。
image


Nexus7で充電テスト。1A充電できてる。
image


なお、極細ケーブル使用だとこんな感じで電流が下がってしまう(秋葉原で買ったリール式ケーブル)。細すぎて抵抗が大きすぎるためだと思われる。高速充電にはケーブルが重要なことが分かる。
image


100均で買ったUSB延長ケーブルをかますとこの通り。さらに電流が低下して0.62A。電圧も下がってる(延長ケーブルを使わなければ、5.2V - 5.0V)。この延長ケーブルもさぞかし細い銅線でできているのだろう。
image
image
image



とりあえず全ポートの動作を確認。Amazonのレビューにポートを全部確認しろと書かれていたので。